読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気コン映像の感想

元気コンの映像が発売されて数日。一通り見終えて、自分が感じたことをメモに残しておこうと思います。自分の為の自分用メモ。

 私はいわゆる茶の間です。今回のライブツアーには参加していません。

ブログタイトルから察するに、私が誰のファンかは該当担の方はすぐわかるんじゃないかなと思います。以下、そんな私の元気コン映像の感想です。偏りまくりです。言うまでもなく、これはあくまで個人の感想です。

 

本編のなかで気になったところ(というかここの村上くんがかっこいい!というアホ丸出しの感想)

 

*Heavenly Psycho

再録の方は聞いてなかった(情報としては知っていた)ので、何の覚悟もしてなかった中、鳴り響くピアノの音。弾いている手を見て村上くんだって分かったけど、彼があんなに綺麗で美しい音色を弾くなんて…。そこに重なるヨコのトランペットの音。

正直、juke boxの時はまだまだだなぁという印象だったけど、手は震えながらも音はしっかり出てたし揺れてなかったと思う。

音楽的には、他のメンバーより劣っていたと言わざるを得なかった時期があったであろうこの2人が、2人だけでこんなに綺麗で少し切なくて、そしてこんなに美しいメロディを奏でられるようになるなんて。そしてその音に乗るすばるの強い声。

もうこのすばるの声が乗った瞬間にもう涙が止まらなくなった。

うまく言葉にならないけど、ただ嬉しかったしずどんと胸に響いた。

すばるの歌から順番に一人一人歌いだし、ヨコが2回歌ったところであぁ、ここは大倉のパートなんだな、と思い彼が居ないと自覚してしまって、この曲をちゃんとした形で聞きたかったと何度もなんども思った。

 

*キャンジャニちゃん〜バリンタン

村子、なんですぐ前髪八重歯で切ってしまうん?

元々のお顔はとっでミラクルキュートなのに前髪で台無し!ここ最近の村上くんの前髪事情も相まって、倉子に「前髪変!!似合ってないわよ!」って盛大に罵って欲しかった(私怨)(あと本編とはちょっと離れるけど、倉子の自己紹介を全日分特典につけてほしかった…めっちゃ楽しみにしてたのに…)

でもスカートからはみ出るおみ足は非常に私好みの美脚でごちそうさまでした!!

オーラスだからか(?)長〜い尺使って練り歩いて1人楽しむ村子ちゃん、ヨコスバ(あれは完全に横子とすば子からただのヨコとすばるになってた)にめんどくさい絡みする村子ちゃん、可愛かったー!

私の良いところ言って、に対して、ヨコは照れながら、すばるは真面目な顔して、ちゃんと本当の良い所(ふざけない、という意味で)言ってあげるのがなんか微笑ましくなった。そこは誤魔化さずちゃんと言うんやなって。三馬鹿っていいなーって思いました。村上くんも嬉しそうな顔してたし、あんな顔させてあげられるの、あんたたちくらいだよってね、思いましたね。何目線だって話ですが。

 

バリンタン、村上くん作詞ヤスくん作曲の時点でロックオンだったし、アルバムで聞いた瞬間こっっっんな可愛い詞書くの村上くんって!!!ってまた村上くんの新たな魅力知ってしまって悶えました。余談だけどペンラもタンバリン型で色も7色(だよね?)で可愛かったなー。

村上くんはちゃんと、わたしたちが日常を毎日一生懸命頑張ってるって認めてくれる。そんなところが大好きです。

村上くんらしい可愛らしくてほわっとあったかい詞だったな。ダンスも可愛かった。

 

*夏の恋人、WASABI

衣装最高か!!!村上くんにロングジャケット着せた人ありがとう!!スタイル良いからロング丈がほんっとよく似合う!華奢さも強調される気がしてもう最高!

あとやっぱり私は村上くんのダンスめっちゃ好き。メリハリあってスタイルの良さが抜群に活かされてていつまでも見ていたくなる。

表現力もすごくあると思うんだよなー。表情の作り方がうまいというか?素人の私にはうまく説明できないけどそんな気がする。

夏の恋人のソロパート部分、ちゃんと映してほしかった…バックのメンバーも可愛いのはわかるけどメイン映して…

WASABIは映ってた。♪〜フレーズ のとこ、あの声の出し方歌い方最高に好き。腹から声出てる感じ好き。ほんっとうに歌うまくなったな…って思った。年々進化してる気がする。

 

*渇いた花

これはもう…泣きながら見ました。泣くまい、と思ってたけどいざ見たら知らないうちにどんどん涙が溢れてたまらなくなった。最後のすばるの、食い気味に放たれた「ありがとうヒナ」の言葉に涙腺崩壊。何十回見てもここで涙腺バカになる。

すばる、村上くんをこの曲に誘ってくれて本当にありがとう。

これについては、また別記事にするかもしれません。

 

*KING

これは、ツアー中からかっこいいと評判が良かったがやっぱり二ズムの悪夢*1(私にとって)のトラウマがあったから見るのに相当な勇気が必要だった。でもしっかりこなす村上くんかっこよかったし、通常版が入ってないのが本当に残念で…。ちゃんとバックダンサーしてるメンバー見たかったよ。完璧なパフォーマンス見たかったよ。ラップの時とメロディーの時とで声の出し方変わるのかっこいいな。

 

*勝手に仕上がれ

村上くんの煽り最高。ブチ上がるよねこの曲!関ジャニ∞バンドかっこいい。控えめに言って最高の最高にかっこいい。鬼気迫る迫力最高だった。

 

*侍唄

最後の村上くんのキーボードソロ、いつも大倉の方見て最後合わせてた気がするから、なんか寂しそうに見えて…最後の締め、ヤスが大倉の代わりにリードしてたように思うけど締まりきってなかった印象。ヤスが悪いわけじゃないけど、大倉がいないことがここでものしかかってきて辛かった。

 

*挨拶

すばるの涙を見て、すばるの挨拶を聞くメンバーの顔を見て、ここまで必死に気を張って楽しませよう、このライブを何としてでも良い形にしよう、って張り詰めてた糸が緩んだ瞬間だったのかな、と。言葉にすることで想いが溢れちゃったのかなって思って、怖くて不安で堪らなかったんだろうなって思ったと同時に、大倉愛されてるな早く元気になって戻ってこいよお前がいないとあかんねん、みたいな気持ちになりました。そりゃもう大倉は今は元気にお仕事してるんやろうけど、勝手にそんな気持ちになった。

哀しい思いをした人もいると思うけど、と、自分たちも大変だったろうにファンを気遣ってくれたすばるの優しさと強さともろさを、同時に知った気がした。そういうところを包み隠さず見せてくれるところが彼らの良さだなあと思った。

 

一通り見終わった後に感じたことは、これは前評判通りきっと素晴らしいライブツアーだったんだろうな、ということと、だからこそ余計にこんな売り方や編集しかできなかった(しなかった)ことに疑問を感じざるを得ない。なんだかテレビのドキュメンタリーを見ているような気分だった。

オーラスの未完成な(あえてそう言う。メンバーが揃ってない時点で完成されたものではないと思うから)映像だけでも、セトリから衣装から演出から、私にとっては素晴らしいものだと思った。今までパッチやカウコン信者(次点でjuke box)だったが、これが完成品であれば関ジャニ∞沼へハマらせる最高の教材になるだろうな、と思うくらい関ジャニ∞の魅力が存分に詰まったものだった。だからこそ余計に本編に大倉がずっといないのが辛くて悲しくて、こんなに素晴らしいライブなのにもったいないと思ってしまった。悔しくてたまらない。

 

また、これも発売前から噂になってたことだが、絶妙に最悪のタイミングで見ず知らずのオタクが、こちらが関ジャニ∞の曲に酔いしれて浸っている時に随時挿入されるのとかもうウザいの極みだった。自分の知らない人間がエイトを見てどんな反応してるのなんか私はこれっっっぽっちも興味ない。

メイキングも飛ばし飛ばしどうにか全部見たけど、そんなものに金と時間と機材をかけるならメインであるメンバー映せよって思うし本編がオーラスなら特典は大倉メインのやつ(もっかい言うが倉子自己紹介全編とか)にして他メンバーとの不公平差を軽減させるとか、もっとやり方あったんじゃないかと…。

パッケージはもう透明ケース外すのが辛い。縁起悪すぎて趣味悪すぎて。あれ嫌がらせならまだしも、本気であれが良いと思ってやってるなら、あれ作った人友達とか仲間とかいます?って聞きたくなるレベル。あれは特別扱いじゃなくて仲間外れだと感じた。

 

なんていうか、このDVDの映像はオタク向けではないなと思った。NHKWOWOWで放送されるような編集だと思った。それなら少しでも関ジャニ∞に興味を持ってくれてる人なら見るんじゃないかな、そしてうまくすれば沼ってくれる可能性もあるかもしれない。

つまり、すでに関ジャニ∞と言うグループが好きな人が意図して見るのではなく、たまたま放送されるから、あ、ちょっと見てみようかなって思うような感じ。少なくとも私はそう感じた。

お金を出して買う層に向けての販売物ではなかったな。

編集者の自己満、それも編集技術に対しての自己満が詰まった作品だなーと感じた。

 

ライブに参加してない私としては、映像化ありがてぇ…!!って思ったし、なんとしてでも渇いた花だけは無責任の時みたくCDに特典映像としてでいいから映像化してくれって祈ってたから映像化してくれて良かったけど、こんなに関ジャニ∞やインフィニティレコーズに不信感を抱かせる内容や販売・宣伝方法がただただやるせない。買ったことに後悔はないが(渇いた花があるという点で)満足はしてない、どちらかというと不満だ。

 

そこに加えてヤスのあのレンジャー…。

インフィニティや関ジャニ∞グループに不信感は募えど、私は村上くんの、こんなことがなくても僕らは固い絆で結ばれていますし、こんな言葉を使わなくても僕らは心で繋がってるっていう言葉を信じてます。贔屓目かもしれないけれど、ファンの心理に一番近くて理解してくれてるのは村上くんなんじゃないかな、とこんな時に感じる。大倉担に向けて、また一年頑張ってまた会いましょうみたいなことを言える、そんな優しさが好きです。ファン一人一人にも生活があって、ちゃんと頑張ってるってことを認め言葉にしてくれる村上くんが大好きです。

 

この村上くんの挨拶をヤス及びインフィニティレコーズ所属のみなさまは100万回心の中で唱えてこれから業務に当たっていただきたい次第ですくそモンペでごめんなさい。

 

もう二度とこんな悲しい思いをすることがありませんように。

 

勢いと感情の赴くまま数日に渡って書き殴ったら読みづらさMAXですが、インターネットの海に放流したいと思います。


おわり

*1:これについてはまた別の機会に